So-net無料ブログ作成
検索選択

念願のライヤープラティ [プラティ]

9月頭にオークションで入手したライヤープラティが産仔しました。

0910060001-2.JPG0909080002.JPG

画像は親です。随分長い間探し続けていてようやく入手できました。今朝稚魚を40匹ほど採れたので第一関門突破といったところでしょうか。前日から母魚があからさまにソワソワしていたのでプラケに隔離して水草漬けにしておいたところ無事出産です。

うちに来た当初は腹に卵が確認できず、このまま産まないんじゃないかと不安でしたが、毎日赤虫を腹パンパンになるまで与えていたところみるみる妊性が出てきました。入手からちょうど一ヶ月で産みました。これで一安心といったところです。

この子どもたちが無事育てば夢が広がりんぐです。イエローヘルメットで尾びれより背びれが長いハイフィンのオスを抜いてきてるのでそいつとかけ合わせてみたいです。更紗もいいなぁ。どっかで抜いてこないと。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

コリドラス ステルバイ稚魚 [その他熱帯魚]

9月に入って水温が安定したあたりから、コリドラスステルバイが週一ペースで産卵しています。

0910010007.JPG0910010005.JPG

毎週60個以上も卵を産んでいくので、まともに育てるとこんな数の著魚が採れてしまいます。写真では生後1週と2週が混ざった状態です。産まないときはまったく産まないのに、産み始めると止まりません。コントロールが利かないのでいいようで良くない繁殖ペースですね。養殖業者さんとかはどうしてるんでしょうか。種親をたくさん持っててどれかが産んでればいいや、という状態なんでしょうか。

卵から育てるときの方法ですが、
1.卵は産卵後半日までを目安にプラケースに回収する。メチレンブルーを水1.5Lに2滴ほど加えて水温25度でエアレーション。これで9割くらい孵化します。
2.孵化後、ヨークサックが3日程度で吸収されるので、そのタイミングでブラインシュリンプを与える。タイミングが遅いと餓死する個体が出るので要注意。
3.餌は多少余るかなという量を与えて、ブラインが生きてる間は餌が存在している状態を保つ。余ったブラインが水を汚すのを防ぐためにレッドラムズホーンを入れておく。
4.生後2週間までは水槽のフィルター等障害物を動かすと稚魚を挟んで殺してしまう危険性が高いので(稚魚は物陰に隠れたがるので尚更)、極力水槽内をいじらないようにする。

最大の注意点は「餓死させないこと」です。どう見ても健康体に見える稚魚が毎日ポロポロ死んでいたら餓死を疑っていいでしょう。水質悪化より餓死の方が怖いですね。水質悪化の方はラムズホーンで緩和しつつ少量の水換えで対応します。コリドラスらしい体型になるまでは大きめのプラケで親水槽の水を使って水を換えながら飼うと管理しやすいかもしれません。
コリドラス大図鑑―All About Corydoras

コリドラス大図鑑―All About Corydoras

  • 作者: 小林 圭介
  • 出版社/メーカー: エムピージェー
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: 単行本






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。